バリ舞踊の中で最も華麗といわれている女性舞踊の傑作レゴンダンス。華麗で優美な舞にうっとりくぎづけ。王宮の中にある野外ステージで、幻想的なガムランの音楽にあわせて伝統衣装に身を包んだダンサーが踊るレゴンダンス鑑賞とインドネシア料理の夕食がセットになったコースです。

レゴンダンスは、きらびやかな衣装を身にまとった女性ダンサーが踊る洗練された優雅なバリ島の宮廷舞踊です。もとは、宮廷舞踊として発展し、今ではバリ舞踊の代表とまで言われています。バリ王国時代の宮廷舞踊として創られた事から「レゴン・クラトン=宮廷レゴン」とも呼ばれるこのレゴンダンスは、バリで最も美しい舞踊と言われています。

 

レゴンダンスはウブド地区、南部エリアの大型ホテルのディナーショーなどで観ることができます。レゴンダンスにも何種類かありますが、通常レゴンクラトンが上演されます。クラトンとはインドネシア語で宮殿のことを意味し、名前の通り、宮廷舞踊として伝えられてきたものです。ある国の王様ラッサムと、彼からの求婚を拒否するランケサリ王女の物語をスは3人の女性ダンサーが踊りで表現します。チョンドンと呼ばれるダンサーは舞踊団の花形。将来性のある若い女性ダンサーが踊ります。

 

バリ島では毎晩、様々な場所でバリ舞踊公演やディナーショーが開催されていますので簡単に見れますが、できればバリ舞踊の中心地ウブドで見てください。楽団、舞踊のレベルも高く、周りの雰囲気もあるので、ホテルのディナーショーなどで観るものとは一味違ったバリ舞踊を楽しめると思います。

プラン

バリ島・レゴンダンス | Café Arma(インドネシア料理夕食付き)

BJ.12B
2-3人 お一人様の価格: ¥5,500
4-5人 お一人様の価格: ¥5,000
6人以上 お一人様の価格: ¥4,000
子供 (2−6歳): 50%
料金に含まれるもの

 

※日本語ガイド・車代・ガソリン代・ドライバー
※レゴンダンス鑑賞代・夕食
※駐車場代、専用車使用
※保険(保険適応は7~65歳)
※往復送迎

スケジュール

スケジュール内容

14:30 当社のガイドがホテルにお迎えにあがります
16:45~ テガララン・ライステラス
17:30~18:45 カフェアルマでのインドネシアンディナー
19:30~21:00 ウブド王宮でのレゴンダンス鑑賞
22:30~ ホテル着

※記載の時間は目安となります